スタッフ紹介Staff

後地 政昂

私を見つけたら「マサさん」って気軽に呼んでくださいね!
“お客様との会話”を一番大切に接客いたします。

 

【所属・役職】新築・不動産部 営業                   
【名前】後地 政昂(うしろじ まさたか)
【ニックネーム】マサ
【誕生日】1995年5月20日

【星座】おうし座
【血液型】A型
【出身】和歌山県海南市
【資格・特技】サッカー
【趣味・休日の過ごし方】趣味は旅行。お休みの日はよく外食に行きます。

 

仕事内容を教えて下さい

 

お客様に家づくりの魅力、三洋住宅の魅力を伝えることが私の仕事。
家づくりをもっと身近に感じていただき、楽しく家づくりができるように“お客様との会話”を一番大切に接客をしています。

 

私自身、人と話すことが大好きなので、会社や見学会などで見かけたら、気軽に話しかけてくださいね。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

就職先を探す時、自分に合っているのは“営業職”だろうなと思っていました。
というのも、冒頭でも申し上げた通り、私、人とコミュニケーションを取るのが大好きなんです。

会話が通じれば、なんとかなる! ではないですが、
人が幸せを感じる時に、コミュニケーションって欠かせないんじゃないかなと思っています。

 

それに気づいたのは、学生時代。

1年間アメリカに留学していた時があったのですが、憧れのアメリカに行ったはずなのに、当初はとても辛かったんです。
なぜか?それは言葉が思うように通じず、言いたいことが伝わらなかったから。
その時、言葉の大切さ、コミュニケーションの大切さを実感しました。

 

まだまだ、住宅の営業としてはひよっこなので偉そうなことは言えませんが、
もしかしたら、それは「家」という専門分野でも同じかも? 

なので、お客様にはできるだけ、わかりやすい言葉で説明をし、
コミュニケーションをとりながら「楽しかった」と言ってもらえるような時間を過ごしてもらいたいと思っています。

 

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は? 

 

同じ家づくりでもその想いはお客様ごとに違う、ということですね。

 

見学会でご説明させていただいたり、先輩の打ち合わせに同席させていただいて、いつも思うのがそのことです。
その人、その人に、それぞれタイプがあって、その結果、その人に合った家ができあがる。だからこそ、お客様は「自分たちだけの家ができた」と実感して、お引渡し式などで涙を流される方もいる。

 

これが面白い。

 

だから思うんです。
ご家族ごとの個性を引き出せる、気づかせることができるような営業になりたいって。

 

今の仕事で大変なところ・気をるけているところは?

 

面白い、楽しくという表現をしてしまいましたが、一方で家づくりは、一生に一回のもの。安い買い物ではありません。

 

その責任は十分に理解しながら、その中で、
打ち合わせなどでは、お客様がその緊張から開放されて自分の言いたいことを言いやすい環境をつくることがプロの仕事なのではないかな? と思います。

 

 社内で「これをやらせたら右に出るものはない」ことは何ですか?

 

声の大きさ!

元気の良さ!

 

これは、新入社員として何ができるかなと考えた時、まずは、誰よりも元気なことだろう、ということで一番意識していることです。

 

「おはようございます!」の挨拶は、社内でNO.1! 

 

と自負しています。

 

今後、仕事(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

まずは、誰からも「一人前」と認めていただける営業に。

そして、たくさんのお客様と出会い、私に関わったお客様が皆、幸せになっていって欲しい。
営業職は、人と一番数多くの人と会う仕事だと思っているので、「一人でも多くの人を幸せにする」のが私の夢です。

 

 

 

BACK TO TOP