スタッフ紹介Staff

古山 新悟

話しかけやすいけど、存在感があって偉大。将来はそんな人間になりたいです

 

【所属・役職】設計課
【名前】古山 新悟(ふるやま しんご)
【ニックネーム】しんご
【誕生日】1987年1月17日 
【星座】やぎ座 
【血液型】B  
【出身】和歌山県日高郡日高川町(ひだかがわちょう)小熊(こぐま)
【資格・特技】二級建築士、普通免許、ピアノが特技(歴8年)
【趣味・休日の過ごし方】料理を作るのが大好きで、今も作ります。
私は三人兄弟の真ん中で、両親は共働きだったので、
家では僕が料理を作る担当だったんですよ。
不思議とめんどくさいとか、嫌だと思ったことはなかったです。

 

仕事内容を教えて下さい

 

家を建てる仕事です。
私は設計なのでどういった形のお家を建てるのかを考えるお仕事がメインです。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

建築に興味を持ったキッカケは、サグラダファミリアをテレビで観たことです。
何に惹かれたのかは正直わからないのですが、「将来は建築に携わりたい」と直感的に思いました。

 

その後専門学校で建築全般を学んだのですが、
クリエイティブさを求められる設計が苦手だと思っていて、
「たぶん自分は現場監督の方が向いているんだろうな」と思い現場監督を志望していました。

 

地元で就職したいと思い応募したのが三洋だったのですが、面接で落ちたんです(笑)。

 

専門学校の先生に「ダメでした」と報告に行ったら、
「どうしても行きたかったら、もう一回三洋さんに行ってこい!」と言われたんです。

 

それでもう一度訪ねて行ったのですが、不採用の理由を教えてくださったんです。

 

「履歴書が適当に見えた」って言われまして、「そういうところを見ているんだ」と思いました。
当時は何も知りませんでしたね(笑)
でも2回行ったのが功を奏したのか、入社出来る事になって嬉しかったです。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

現場監督時代に、お客様から引っ越しを手伝ってくれない?とご相談を頂いたんです。
引っ越しが終わった後に物凄くお礼を言ってくださったのですが、
頼りにして頂けたことと、お礼を言ってくださった事が本当に嬉しかったですね。

 

打ち合わせや着工中に、お客様がどうしたら喜んでくださるのか、気持ちよく安心して任せて頂けるのか?
そういった事を考えながら仕事をさせてもらっていたので、
これまでのお付き合いの事も含め、お礼を言ってくださったのかもしれませんね。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

過去にお客様から「意思疎通がしっかり出来ていない」というご指摘を頂いたことがあったので、
普段からお客様とは注意深く意思疎通をはかるようにしています。

 

性格的に一度ミスをすると「やってしもた!」と気にするタイプなので、
「次から絶対に同じようなミスは無いようにしよう!」と常日頃気を付けながら仕事をしています。

 

他に大変な事で言うと・・・会社で遅い時間まで仕事しなきゃいけない時ですかね。
でもウチのスタッフは優しい人が多いので、見かねて手伝ってくれるんですよ。本
当にありがたいなぁと思います。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

人の話をよく聴くことです。

 

「話しかけられやすい人」を目指してるんですよ(笑)
親しみが持てて話しかけやすいけど、存在感があって偉大。将来はそんな人間になりたいんですよ。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

自分で設計したマイホームを建てたいです。

 

そのためにも設計の勉強をもっとしないといけないと思っています。
マイホームができたら、色んな方に見てもらって、遊びに来てもらいたいですね、夢は膨らみます(笑)。

 

あとは、顔が広くなりたいです。
木村(公)さんや丸山さんは、近所のスーパーとか行くと知りあいと必ず会うらしいんですよ()
お客様とかパートナーさんとか。そういうのって羨ましいじゃないですか。

 

それだけ色んな人に関われるのは幸せなことだと思うんです。
「人に会った数だけ幸せになれる」という言葉を聴いたことがありますが、
お二人のような人間になれるような経験を積んでいきたいです。

 

 

BACK TO TOP