スタッフ紹介Staff

上野 巌

この仕事を通じて、人との繋がりを作りつづける存在でありたいです

 

【所属・役職】リフォーム部 有田店店長
【名前】上野 巌(うえの いわお)
【ニックネーム】いわおちゃん
【誕生日】1960年1月1日
【星座】やぎ座
【血液型】B型
【出身】大阪府東大阪市
【資格・特技】普通免許、増改築相談員
【趣味・休日の過ごし方】
ドライブが好きです。妻と車で高野山や田辺にお食事に行ったり、
いつもユニクロ⇒回転寿司⇒ニトリを回るコースが定番です(笑)。
昔から車が好きなんです。
大阪に住んでいるときから、六甲山に行ったりするのが好きで、
友達と夜通し釣りに行ったりもしていましたね。

 

仕事内容を教えて下さい

 

お客様のお宅にお伺いして、家の具合の悪いところのお話を聞いて、
直すのにどれくらいお金がかかるのか、どう工事するのか?をご提案して、
お客様のお家をキレイにするのが仕事です。
他には営業さんの補助業務も行っています。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

キッカケは父が三洋住宅で家を建てたことです。
私は大阪で釣り具用品店、その後はガス屋さんで働いていたのですが、
父親の定年を機に一緒に和歌山にきたんです。

 

父は当時の三洋住宅の事務の方と知り合いで、それがキッカケで三洋を選んだみたいですが、
私も仕事を探していた事もあり、
知っている人が働いている会社だし信頼できるだろうと思って、入社させてもらう事になりました。

 

入社当初は新築部で先輩の補佐をしていました。
その後2年目から現場監督になって、以降12年ほどは監督として働いていました。
リフォーム営業になったのは、三洋にリフォーム部が出来た時ですね。

 

営業って面白いんですよ。
お客様のお話を伺って、自分なりにプランを考えて形にする。
お客様の臨んだことと、自分の意見が合致してお客様が喜んでくださるのが嬉しいし、楽しいです。

 

しかも工事が終わった後もお客様と長いお付き合いが出来るんです。
以前担当させて頂いたお客様から連絡を頂いて、
「上野さんけーへんのが寂しいわ・・」なんて言われると、
申し訳ないなと思いつつ、そんな風に言って頂けて本当に嬉しいです。

 

工事が終わった後も、長くお客様とお付き合いを続けて行きたいと思います。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

工事の最終日にお客様から、
「明日から上野さんけーへんの、寂しいなー」っていう言葉を頂いたことがあって、嬉しかったですね。

 

後日、そのお客様の娘さんのお家からお仕事を頂くことになったのですが感慨深かったです。
生意気言うつもりはないですが、そのお客様は高齢の方なので、
本当に長生きしてほしいなと思います。大切なお客様の一人です。

 

これは余談ですが、なぜか高齢の女性の方を担当することが多いんですよ。
工事が終わった後も週に2回ぐらい会いに行ってお話しています。
自分が担当させていただいた方なんだから、毎週会いに行って、
ずっと元気に暮らしてもらいたいなと思っています。
そのためにリフォームをして頂いたわけなので。

 

私は「売れればそれで良い」とは思わないんです。
お客様と繋がっていくことが何よりも大事だと思って仕事をしています。
三洋は担当が一貫して営業・工務・アフターを担当するのですが、
それが三洋住宅の良いところだと思いますし、私がしたい仕事です。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

リフォームの仕事は、自分ひとりの力だけでは成立しない仕事です。
お客様、大工さん、近隣の方、パートナー会社さん。
全ての方からの信頼がないとダメなんです。

 

お客様と信頼関係が無いと、良いリフォームになりませんし、
近隣の方にご迷惑をかけても良いリフォームにはなりません。

 

私たち営業はお客様とその周りの方と
コミュニケーションをしっかり取って仕事をしなくてはいけませんので、
そこに一番神経を使って仕事をしています。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

社内でのクッション材になっていることですね。
住まいメイトさん、営業さん、工務、社長、
全ての役職の間に入るクッションみたいなポジションです(笑)。

 

時にはぶつかることもありますが、それは皆に芯があるからこそです。
そんな時に意見をまとめたり、着地点を見出すのも仕事の一つです。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

お客様に満足していただくことは勿論ですが、
「有田でリフォームするんやったら三洋に声掛けなあかんやろ」
と、言われるくらいの会社にしたいですね。

 

そのためにも、地域の方、お客様への発信を惜しむつもりはありません。
有田に住まう全ての方に会えないのは仕方ないですが、
それでも地域の方と少しずつ人間関係を作っていきたいですね。
私はその中で、人との繋がりを作りつづける存在でありたいです。

 

BACK TO TOP