【新築】階段が家族をつなぐの光あふれるリビングのある家

【新築】カフェ風キッチンがかわいいお家

【リフォーム】S様邸

Before(施工前)

 

築100年を超える歴史の深さを感じる古民家です。
2階部分は天井高さが低く物を収納するスペースでした。

After(施工後)

屋根を全面的に改修し、2階部分の屋根の高さを上げました。
明るくキレイな外観になり、風通しも良く、住まいの環境が良くなりました。

 

元の玄関の雰囲気をきれいに再現しました!(土間は御影石)

既存の柱や梁、建具は洗いをかけてきれいに仕上げました。

壁は漆喰(しっくい)で仕上げました

 

【リフォーム】U様邸

Before(施工前)

 

味わい深い、年を重ねた風景の玄関。
玄関を入ってからの土間が奥の台所まで続いたかたち。

座敷に上がる時の段差が大きく昇り降りが不便な状態でした。

After(施工後)

玄関ホールから台所までをあたたかみのある、無垢の杉板の床で仕上げ、
靴を脱いだ状態で行き来出来るようになり、座敷への段差も小さくなりました。

上座・下座の和室はそのまま残して、柱や梁、建具も洗いをかけてきれいに仕上げました。

昔の家に使っている木材は質の良い材料を使っていることもあるので、取り替えなくても十分に再使用する事ができます。

最新のシステムキッチンを設置しており、調理や収納についても改善されています。

台所スペースは天井を斜めに張り天井高を確保。構造材の丸太を空間の中に取り込み広がりを。

 

【リフォーム】I様邸

Before(施工前)

 

 

After(施工後)

 

 

川原 萌華

お客様の一番の理想を叶えられる営業マンになりたいです

 

【所属・役職】新築営業部
【名前】川原 萌華(かわはら もえか)
【ニックネーム】もえちゃん、もぴ、もかちゃん
【誕生日】5月15日
【星座】おうし座
【血液型】B型
【出身】和歌山県
【資格・特技】秘書検定2級、フォーマルスペシャリスト準2級、ビジネス文章検定2級、医療事務2級など。
【趣味・休日の過ごし方】
趣味は小学校5年から高校1年までやっていたゴルフです。最近またハマっています。ゴルフ以外だとショッピングですね。かなりのアウトドア派です。

 

仕事内容を教えて下さい

 

今は上司とお客様の打ち合わせなどに同席させてもらっています。ゆくゆくは独り立ちして営業活動をしていく予定です。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

元々住宅の営業マンになりたかったんです。
キッカケは中学生の頃に自分の家を新築した時です。
「こんな風にしたい」って営業の方に間取りのイメージを伝えたら褒めてもらえたことがありました。それが嬉しくて、住宅の営業マンになりたいと思いました。

三洋住宅の事を知ったのは短大の時です。
当時、短大の友達が三洋住宅で家を建てることになりました。そこで三洋住宅の事を知って、友達から色々な話を聞きました。「アットホームな会社なんや」と思いましたね。

就職活動を始めた時に、三洋住宅は自宅からも近かったこともあり説明会に行きました。実際に話を聞いたら、三洋住宅しか選択肢に残らなかったです(笑)本気で入りたいと思いました。皆さんがアットホームに出迎えてくれたのが、とても印象的でした。

イベントの事とか、お客様とのエピソードとか、話を聞く度に興味がもてて、自分のしたいこととマッチしていると感じたんです。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

先輩と一緒に家を建てて頂いたお客様の家に定期点検に行って、その時に先輩が私を紹介してくれたんです。そしたらお客様が、家づくり当時のエピソードを色々聞かせてくれました。
「こんな風に、一緒に色々考えてくれたんだよ」って。

その話を聞いて私も嬉しくなりました。三洋住宅は良いお客様が沢山いると実感も出来たんです。入社前のインターンで、会社が毎年やっている『芋煮会』にも参加させてもらったのですが、その時も会社がお客様から愛されているんだと実感しました。
働きたいと思った会社で働けるのは嬉しいことなので、がんばります。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

新人なので当たり前ですが、覚える事が多いです。短大でも建築について習ってはいましたが、全然レベルが違います。住宅構造の話とか学校では習わなかったので。
なので、今は色んな事を覚えるのに必死です。
お客様にとって一生に一度の家づくりなので、責任感をもって仕事をしなくてはいけないんだと感じます。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

そうですね・・・素直なことでしょうか。よく友達に相談をされるのですが、自分のことの様に喜んだり、悲しくなったりします。人の話とか体験とか、そのまま受け止めてしまう性格らしいです。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

お客様にとって一生に一度のお家なので、そのお客様の一番の理想を叶えられる営業マンになりたいです。私は人と話をすることが好きなので、お客様と仲良く話してコミュニケーションをとって、お客様にとって一番の家をつくりたいです。

あと、今後伸ばしていきたい事で言うと、デザインに関してのことですね。
デザイン性のあるものが好きなんです。インテリアもそうですが、おしゃれなイラストとか好きですね。自分だったらこうしよう、ああしようって色々考えちゃいます。
実は私のひいおじいちゃんが絵の先生をやっていたこともあって、私は上手ではないのですが、絵が昔から好きなんです。そういったこともあり、デザインに対しての興味があるんだと思います。

まだまだわからない事が多いので、そのためにもまずは基本を知って、勉強して、色んなことを覚えていきたいです。

 

 

西岡 泰輔

「西岡さんに頼んで良かった」って言われるような仕事がしたいです

 

【所属・役職】設計部
【名前】西岡 泰輔(にしおか たいすけ)
【ニックネーム】にっしー
【誕生日】1996年1月13日
【星座】やぎ座
【血液型】O型
【出身】紀の川市貴志川町
【資格・特技】細かい作業が得意です、モノづくりが好きです。
あとはスポーツ(球技)です。

【趣味・休日の過ごし方】
友達と出かけたり、家でゲームをしたりしています。

 

仕事内容を教えて下さい

 

新卒で入ったので、今は同じ部署の先輩の古山と今井のサポート業をしています。図面を描くサポートだったり、古山に同行して現場見学をしたりとか、職人さんと顔合わせをしたり。
将来的には設計図面を描くだけではなくて、お客様の要望を聞いて自分一人で図面を描けるようになりたいです。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

人を喜ばせる様な仕事をしたいと思って、三洋住宅に出会いました。

全然知らない会社だったのですが、選考期間中にスタッフほぼ全員と会えたので、どんな会社なのかわかりやすかったです。冗談交じりに気軽に話しかけてもらえて、アットホームな会社なんだなって思いました。

建築については大学で学んでいました。興味を持ったキッカケは祖父がログハウスを建てた事です。小学生の頃よく遊びに行っていましたが、その家は、孫が楽しく遊べるような工夫をしていました。ハンモックがあったりとか。そんな祖父の家に行くのが楽しみだったんです。それで大学で建築を学んでいました。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

家を建てるのは、殆どの人にとって一生に一回の出来事。

だからそんな家が完成するときって、一番幸せな時なのではないかと思います。そのようなことに関われるって、良い仕事だと思うんです。今は打ち合わせに同席させてもらうなどのサポートがメインですが、住宅の完成見学会でお客様とお会いすると、目を輝かせて、とても楽しそうにしている姿を目にすることが多いです。早く自分の力で、お客様を喜ばせたいです。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

大学で建築の勉強をしていたのでわかることもあるのですが、いざ仕事となると全然違いました。そもそもお客様と打ち合わせをするというのが、学校には無いので(笑)

他にも現場に行ったり、図面描きの手伝いをさせてもらうと、授業で習っていない事もあって、驚きも多いです。
習ってきた勉強だけじゃダメなんだなと痛感しています。
自分も勉強しなくてはいけないし、職人さんと連携もとらなくてはいけない。

先輩が打ち合わせするのを見て「あ、こうやって伝えなきゃいけないんだ」と、伝え方も考えなくてはいけない。覚える事が多いです。大変な事はこれからもっとあると思いますが、乗り切っていきたいです。

 

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

黙々と何かをすることが好きです。時間を忘れて没頭しちゃいます。
模型作りとかやるときは特にですね。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

家づくりを通じて、お客様同士の輪を広げるというのが会社の方針なのですが、その中で自分自身のチカラでお客様に喜んでもらって「西岡さんに頼んで良かった」って言われるような仕事がしたい!「また担当してもらいたい!」と言ってもらえるのが理想です。

お客様がやりたいことを上手く取り入れて、頼んだらすぐにやって、「もうできたん!?」と言われるほど、スピードも早い。そんな提案ができるような設計士になりたいです。

そのためにまず、お客様との付き合いを大切にしたいです。まずは元気よく挨拶からですね!
自分自身を知ってもらって、良い印象をもってもらうのは、経験の無い自分でも出来ることだと思っています。

仕事の話になると、まだまだ何を話して良いのかもわからないこともありますので、今の目標はバリバリ一人でお客様と打ち合わせが出来るような、一人前のスタッフになることです!

 

 

 

 

金光 美咲

女性の気持ちに寄り添った、女性ならではのご提案が出来る様になりたいです

 

【所属・役職】リフォーム部 和歌山店  
【名前】金光 美咲(かねみつ みさき)
【ニックネーム】かねみ
【誕生日】4月25日
【星座】おうし座
【血液型】A型
【出身】和歌山県岩出市
【資格・特技】特技はいつでも、どこでも寝られることです(笑)
【趣味・休日の過ごし方】
家でのんびり過ごすことが多いです。
アニメを見たり、本を読んだり、ゲームをしたり。
最近は母の影響で海外ドラマをよく見ています。

 

仕事内容を教えて下さい

 

新卒で入社したばかりなので、今は上司と一緒にお客様の所に伺うことが多いです。どんな風に家をリフォームしたいのか?これからどんな暮らしがしたいのか?お話を伺った後は会社に戻って、見積りを作ったり、提案書を作ったりと、サポート業務をしています。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

学校を卒業したら住宅関係の仕事がしたいと思っていて、どうせ働くなら地元で!と思い三洋住宅に入社しました。

住宅に興味を持ったのは高校生の頃です。元々住宅関連のテレビ番組とか、雑誌とかを見るのが好きで、少なからず興味がありました。あと自分の家の間取りがあまり好きじゃなかったんです。他の家と自分の家を比較しているうちに、次第に住宅への憧れが強くなりました。それで高校を卒業するころ、将来なにをしたいのか? と考えたら住宅のことが頭に浮かんだんです。

学校の先生になるか、住宅関係の仕事をするかで悩んでいたのですが、結局は建築科のある大学に入りました。大学で就職活動をする時に、まわりの子たちは進路に迷う人も多かったけど、私は「自分で建築の道を選んだのだからやりきらな!」と思っていました。

三洋住宅に面接をしてもらって、社員の方と触れ合って思ったのですが、他の会社と雰囲気が違って、アットホームな感じがしました。皆さん気さくに話しかけてくれて、ここだったら色々な経験が積めそうだし、会社が志している家づくりが、自分が理想とするものに近いと思いました。実際入社しても、皆さん優しくて想像した通りでした。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

まだ入社して1カ月(2018.5月現在)なので、自分のエピソードはあまりないのですが、初めて上司とお客様の自宅に伺った時に、「お客様と友達みたいに喋るんだ」と驚きました(笑)お客様の方も、壁がなくフラットに接して下さるのを肌で感じました。

将来自分も、お客様とそういう関係になれたらなって思いました。

家は住む人によってベストな形が違う、だからそれを実現するためにはお客様との関係が大事なんだろうなって、学生ながらずっと思っていました。面接で会社とお客様との雰囲気や関係性の話を聞いていたこともあって、私もあんな風にお客様とお付き合いしたいと改めて思う出来事でした。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

大きなお金が動くことなので、リフォームはお客様からすると一大決心だと思うんです。しかもリフォームは出来上がったものを売るのではなくて、出来上がっていない物にお金を払って頂く。すごく責任が伴う仕事だと思っています。

上司の河本がお客様への提案を一生懸命考えている姿を見ると、余計にそう思います。まだ自分で出来る事が少ないですが、責任感を持って仕事をしていきたいです。

あと、河本と一緒にお客様のところに行くと「明るい子やね」って言ってもらえて、嬉しいです。まだ何も出来ていないのに、お客様の方が私に気を使ってくださるんです。
だから余計に、「挨拶は元気よくしっかりやらないと!」と思っています。

学生時代は、ちゃんとしなきゃとかあまり考えてなかったんですけど(笑)
社会人になって人からどう見られるか? を考えなくてはいけないと思いました。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

寝付きが良いことでしょうか?どんなにうるさくても、寝れます。
電車の中で立って寝ちゃったりしたこともあります(笑)

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

三洋住宅のリフォームスタッフは男性が多いのですが、リフォームのご依頼は女性のお客様から頂くことが多いんです。

だから将来は、女性の気持ちに寄り添った、女性ならではのご提案が出来る様になりたいです。そのために今はまだ知識が足りないので、色んな人の話を聞いて覚えることが一番だと思っています。雑誌なども自分でチェックして、女性ならではの感性で提案できるようになりたいなと思います。

あとは、お客様ときちんとコミュニケーションが取れるように頑張りたいです。

人にはそうは見えないと言われてしまうのですが、実は人と話すのに苦手意識があるんです。お客様が気持ちよく要望を言えるような、スタッフになれるように頑張ります!

 

 

坂東 有美

お客様の要望を円滑に社内に伝える「柔らかい接着剤」みたいな立場になりたいです

 

【所属・役職】リフォーム部 住まいメイト
【名前】坂東 有美(ばんどう ゆみ)
【ニックネーム】ゆみちゃん
【誕生日】1月13日
【星座】やぎ座
【血液型】
【出身】三重県四日市市
【資格・特技】自動二輪免許、秘書検定、普通自動車、小型船舶操縦士
小型船舶操縦士はおもしろそうだと思い、資格を取りました。
なんでも興味を持ったことに挑戦するタイプです。
最初から無理って思わず、やってみたいと思うんですよ。
失敗しても失敗から学ぶことも多いですから。

【趣味・休日の過ごし方】
独身の頃は気晴らしにサーフィンに行ったりしていました。
海に行くのは好きです。・・・でも実は泳げないのですが(笑)

他の趣味だと、刺繍(ステッチ)、絵、ドライブです。
あとは育児に奮闘しています!

 

仕事内容を教えて下さい

 

今は先輩の住まいメイトさんに同行して、情報誌「あんしんだより」を配布しながら、お客様に住み心地について話を伺ったり、お客様とコミュニケーションを取る仕事をしています。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

実は主人が以前、三洋メンテリフォーム(当時の三洋住宅リフォーム部門の名称)に勤めていたんです。
楽しく仕事をしているのが見ていてわかりましたし、家でも「仕事が楽しい」とよく言っていました。社長と社員の距離が近いという話も聞いていたので、「きっとやりがいがある仕事なんだろうなー」と漠然と思っていました。

ある時求人誌を見たら、たまたま三洋住宅の求人が出ていたんです。社長も社員の方も知っていましたので、安心して応募しました。

実際に働き始めて、主人の言っていた通りだと思いましたね。
社長とも距離が近いし、社員さんも気さくな方が多いです。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

先輩の硲本と一緒にお客様の家に伺うと、硲本がお客様に「来るのを待ってたよー」と言われているのをよく見るんです。後輩としても、嬉しいと思う瞬間ですし、私も硲本の様になれたらなって思います。

硲本は、担当しているお客様のこともよく知っているので、一緒にお客様の家に伺わせて頂くと勉強になりますし、学ぶことが多いです。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

お客様は十人十色なので、その方に合わせた言葉遣いや言い方をしなくてはいけないと思っています。先輩の硲本は、そういったことが出来ている人なんだなと、一緒にいて感じます。お客様に合わせて、話の聞き方も話し方も気を付けているのがよくわかります。だからお客様も硲本と楽しそうに話をしてくださるんだなと思います。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

う~ん・・・三つ思いついたんですけど、良いですか?(笑)

一つ目は腕の筋肉があって力こぶが凄いことです。きっと上位にはいけると思います、いや、あわよくば一番はいけるかも(笑)自動二輪の免許を取った時のことですが、自動二輪の免許を取るためには、自分でバイクを持ち上げないといけないんです。そのために鍛えたのですが、一度筋肉が付いた後に子育てで子どもを抱っこしている中で、鍛えられ続けています。でも自分なりに気にしていて、夏は半袖が着れません(笑)

 

二つ目は刺繍(ステッチ)です。ある時、私にもできそう!と思って始めたのですが、いまでもずっと続けています。時間があれば黙々とやっているかな。心が無になるので、ストレス発散にもなりますし、完成した瞬間はいつも嬉しいです。完成形を思い浮かべながら、糸の色を変えたりして楽しんでいます。

 

三つめはデコ弁当・キャラ弁当づくりです。子どものために、毎月試行錯誤しながら作っています(笑)

 

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

目標はお客様と会社の間に入って、お客様の要望を円滑に社内に伝える「柔らかい接着剤」みたいな立場になりたいです。具体的に言うと、先輩の硲本みたいになりたいです!(笑)あんな風に仕事がしたいし、私もあのレベルに到達したいです。

まずはそれが達成出来たら、その後に自分のカラーが出せるようになるのかもしれないって思っています。きっと硲本になくて、私にしか無いものもあると思うので。お客様が気持ちよく要望を言えて、それをしっかり社員さんに伝えられる仕事をしていきたいです。

 

 

BACK TO TOP