木村 正人

気軽にコミュニケーションが取れる、現場の指揮者でありたいです

 

【所属・役職】新築部・リフォーム部 工務
【名前】木村 正人(きむら まさと)
【ニックネーム】キムジー
【誕生日】1960年3月4日
【星座】魚座
【血液型】O型
【出身】和歌山県有田郡湯浅町
【資格・特技】
二級建築士、二級土木施工管理技士、福祉住環境コーディネーター3級
【趣味・休日の過ごし方】
旅行に行ったり、映画やライブを観に行ったり、時には飲み歩きをしたりと色々しています。
旅行は年に1回です。温泉に行ったりすることが多いですね。
ライブは矢沢永吉のライブに毎年必ず行ってます。この前は娘とE—Girsを観に行ったり、
奥さんと山崎まさよしを観に行ったりもします。色々好きな事が多いので楽しんでいます。

 

仕事内容を教えて下さい

 

私は新築部とリフォーム部を兼務しているのですが、工事現場で設計図通りに家が出来ているかを確認しながら、
職人さんに指示を出す仕事をしています。いわゆる現場監督ですね。

 

好きな音楽で例えるなら現場で働く人が楽団のメンバーだとしたら、
私は指揮者の役割です(笑)。
「そこ!ちゃんと演奏できてるかー?」と、各現場で指揮をとってます。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

実は私と社長の上野山は高校の同級生なんです。
部活も同じでテニスをやってました。

 

高校卒業後に大学で建築を学んで、その後実家が営む建設会社で働いていました。
当時は三洋住宅の下請け仕事もしていたんですよ。

 

なにかと上野山とは縁があったのですが、ある時上野山から、
「リフォーム部門を立ち上げるから、一緒にやらない?」って誘われたんですよ。

 

新しい環境でチャレンジするのも良いと思い、誘いに乗って入社することになりました。
入った当時は大変でしたね、毎日みんなで走り回ってました(笑)

 

会社も赤字で大変でしたが、仕事は明るく楽しくしていましたよ。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

色々ありますが、一番は「家を建てて良かった! リフォームして良かった」と言って頂けた時ですね。

 

この仕事はお客様の生活の中に入って、新しい暮らしをつくる仕事です。
だからお客様とのコミュニケーションがとても大事な仕事なんです。

 

コミュニケーションをしっかり取るからこそ、良い工事が出来ますし、
お客様も不安に思っている事や要望を気軽に言ってくださいます。
だから要望や不安はどんどん言って頂きたいですね。

 

言って頂けた方がありがたいですし、気軽に言える関係を作りたいと思っていますから。

そうやってお客様との人間関係を大切にしながら仕事をしていると、街中でばったりお客様と会った時に気軽に声をかけてくださるんですよ。
そういう時は三洋で働いてて良かったなー、嬉しいなーと思う瞬間ですね。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

自分も含め職人さん達の言葉遣いに気をつけています。

例えば現場で「あっ!」なんて言ってしまったら、お客様は一気に不安になってしまいますから。
電話や職人さんとの相談事をする際は、お客様が不安にならないように家の外や車の中でするなど、最大限注意しています。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

声が大きいことかな(笑)
それと物怖じしないほうだと思うので、誰とでもすぐ仲良くなれます。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

あと数年で定年を迎えるのですが、残った期間で社員の皆の生活がもっと豊かになるようにしたいですね。

今よりもっと働きやすい環境を作っていきたいですし、今よりもっと楽しく働ける会社にしたいです。
そうすることでお客様に、還元できると思うんです。
長く務めたからこそ、残りの期間に自分がやらなければいけないことだと思っています。

平田 修康

この仕事を通じて人の気持ちがわかる人間になりたいです

 

【所属・役職】リフォーム部 和歌山店 店長
【名前】平田 修康(ひらた のぶやす)
【ニックネーム】ひらっちゃん
【誕生日】1975年91
【星座】おとめ座
【血液型】O
【出身】和歌山県田辺市
【資格・特技】二級建築士、耐震診断士
【趣味・休日の過ごし方】
7年前に始めたゴルフです。下手くそなりに楽しんでやっています。
あとは、二歳になる子ども(女の子)と遊ぶことですね。
もう可愛くて仕方がないです(笑)

 

仕事内容を教えて下さい

 

お家のこと、暮らしのことで困っている方のお家に伺って、解決することですね。
例えば、蛇口が故障したとか、屋根が壊れた、雨漏りしている・・・
そういう時にはすぐにお宅に伺って解決します。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

高校卒業後、将来はどうしようかなって考えた時に、「衣・食・住」は無くならない・・・
でも、衣と食よりは住だなと思い、建築の道を歩むことを決めました。

 

専門学校では工事から設計まで全般を学びました。
その後和歌山で建築の仕事を探して最初に面接を受けたのが三洋住宅でした。
公共の大きな建物より、お家の方が色々と細かいところまで出来て楽しそうだと思ったことが入社の決め手でしたね。

 

建築という仕事に携わって思うのは、「面白い!」です。
「嫌だな、つまらないな」と思ったことは一度もありませんね。
実は私は三洋住宅を一度退職しているんです。

 

色々と悩んで退職したのですが、退職後に四国八十八ヶ所を歩いたんです。
それがすごくいい経験になりました。
「考え方を変えなきゃいけない」って思えましたから。

 

その後3カ月ほどたったある日、ありがたいことに上野山に「帰ってこおへんか?」と誘われて、
リフォーム部のスタッフとして戻ってきました。

 

リフォームの仕事は、お客様の生活に物凄く深く踏み込んでいくので、
入社当初に携わっていた新築住宅よりも、奥が深いなと感じましたね。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

小さな仕事でも大きな仕事でも一緒なんですが、
お客様の要望していることを叶えられて、プラスアルファで何かをして差し上げる。

 

そのことを、お客様が喜んでくれて、ずっと後になっても覚えていてくれる・・・。
何年か経って「あの時、こんなことしてくれたよね」と言って頂けるのが何より嬉しいですね。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

リフォームは床や壁を剥がして、中を開けてみないとわからないことも多いです。
開けてみて自分の想像を超える状況だと驚いて、どうこなそうかと思案することもあります。

 

ですが、そういう時はあたふたせず、報告を上げて組織として取り組むことを意識しています。
私個人のレベルでなんとかできる話じゃないものもあったりするんです。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

ガンダム好きですね。幼稚園くらいからずっと好きなんです。
初期の「ファーストガンダム」がずっと好きです。

 

ストーリーが単純に勧善懲悪の話じゃないことが魅力的でしたね。
ロボットアニメという目線ではなく、人間ドラマとして見るのがオススメですよ。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

今までにやったこと無いことにチャレンジし続けることです。
同じ人がいないように、同じ家もないからこそ、
この家でしか出来ない、この家だからこそ出来るご提案をし続けたいです。

 

あと、この仕事を通じて人の気持ちがわかる人間になりたいです。

 

この仕事はお客様と一緒に考えて、新しい住まいを作り上げていく仕事です。
だから地元の会社として、その地域に住んでいる方と心を寄せ合っていくことが大切だと思うんです。
そのためにまず人の気持ちを少しでも理解できる人でありたいです。

 

家という「モノ」と仕事しているわけじゃなくて、
「人」と関わって仕事をしているわけですから。
色んな人と触れ合い学んだからこそ、そういう風に考えられるんだと思います。

 

 

松上 満彦

お客様の要望を少しでも超えたものを作り続けて行きたいです

 

【部署・役職】新築部・リフォーム部 工務
【名前】松上 満彦(まつうえ みつひこ)
【ニックネーム】まっちゃん、みつくん
【生年月日】19801012
【星座】てんびん座
【血液型】A
【出身】和歌山県和歌山市
【資格・特技】クレーン運転士、玉掛け、大型自動二輪、普通自動車
【趣味・お休みの日の過ごし方】バイクやスポーツカー等、モータースポーツが趣味です。

 

仕事内容を教えて下さい

計画通りに安全に工事が進んでいるか、家を建ててくれる職人さんへ指示、作業や仕上がりの質のチェックをしています。
いわゆる現場監督の仕事です。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

前職は製造業だったのですが、仕事をする中で決められた範囲の仕事だけじゃなくて、もっと自分で試行錯誤しながら工夫が出来るおもしろい仕事をしたい、もっと成長したいと思う様になって、転職を考え始めたんです。

その時に、もしかして建築って良いのかも?って思ったんですよ。

 

もともと私の祖父は大工の棟梁で、父親も住宅関係の仕事をしていました。

ふたりとも建築の仕事を長くしているので、「血の繋がっている自分も、もしかして建築と縁があるのかな?」と思ったんです。
それが建築の道に進もうと思ったキッカケの一つでした。

その後は建築業界に転職するために職業訓練学校に通い始めたのですが、そこの先生が「良い会社があるよ」と紹介してくれたのが三洋住宅だったんです。

 

入って数年は和歌山店でリフォーム営業をしていましたが、今は以前から志望していた現場監督として働かせてもらっています。ずっと家の構造とか仕組みともっと深く知りたいと思っていたんです。家が建つ工程を全て見ることが出来るので、現場監督の仕事は興味がありました。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

「家を建てて良かった、リフォームをして良かった!」という、お客様が喜んでくださる姿を見た時ですかね。
「ちゃんとお役に立てたんだなぁ」「イメージ通りのものを提供できたんだ」と思うと毎回嬉しくなります。この仕事の一番の醍醐味だと思いますね。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

リフォームの現場は特にですが、お客様が生活している大切な場所をお預かりして工事させて頂くので、毎回神経を使います。例えば以前、お庭のお花をすごく大切にされているお客様がいらっしゃったんです。 正直に告白すると、そのお客様のお庭で作業中に花があるとは気づかず足場を組んでしまって・・・お客さまに悲しい想いをさせてしまったことがあります。物凄く後悔しました。どうして安易に判断したんだろうって。

以降は安易に判断せず、お客様への確認と正確な報告をすることを心掛けていますが、

小さな事でも気を抜けないところが、この仕事の大変なところです。

自分自身も心配性なところがあるので、常に現場が心配ですね。

 

 社内で「これをやらせたら右に出るものはない」ことは何ですか?

バイクの運転です。

高校を卒業してから30歳くらいまでずっと乗っていました。

結婚して処分してしまったのですが、機会があればまたバイクを買い直して、色んな所に行きたいです。

 

今後、仕事(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

お客様の要望を少しでも超えたものを作り続けて行きたいです。

例えば「あの時、松上さんのアドバイスを聞いておいてよかった」って、新しい家に住んでいる中で思って頂けたら嬉しいですね。

お客様の状況に合った最善の物をご提案する積み重ねがあってこそ、実際に住んでみた時のお客様の感動に繋がると思うので、そういう提案が出来るスタッフでありたいです。

そのためにもっと建築の事について、知り尽くしたいですね。

技術的な事を知るのが好きなんですよ、単純に面白いと思います。

経験と知識を積めば、もっとお客様の要望を越えたご提案が出来る様になると思っているので、これからも頑張っていきたいです。

 

 

 

 

古山 新悟

話しかけやすいけど、存在感があって偉大。将来はそんな人間になりたいです

 

【所属・役職】設計課
【名前】古山 新悟(ふるやま しんご)
【ニックネーム】しんご
【誕生日】1987年1月17日 
【星座】やぎ座 
【血液型】B  
【出身】和歌山県日高郡日高川町(ひだかがわちょう)小熊(こぐま)
【資格・特技】二級建築士、普通免許、ピアノが特技(歴8年)
【趣味・休日の過ごし方】料理を作るのが大好きで、今も作ります。
私は三人兄弟の真ん中で、両親は共働きだったので、
家では僕が料理を作る担当だったんですよ。
不思議とめんどくさいとか、嫌だと思ったことはなかったです。

 

仕事内容を教えて下さい

 

家を建てる仕事です。
私は設計なのでどういった形のお家を建てるのかを考えるお仕事がメインです。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

建築に興味を持ったキッカケは、サグラダファミリアをテレビで観たことです。
何に惹かれたのかは正直わからないのですが、「将来は建築に携わりたい」と直感的に思いました。

 

その後専門学校で建築全般を学んだのですが、
クリエイティブさを求められる設計が苦手だと思っていて、
「たぶん自分は現場監督の方が向いているんだろうな」と思い現場監督を志望していました。

 

地元で就職したいと思い応募したのが三洋だったのですが、面接で落ちたんです(笑)。

 

専門学校の先生に「ダメでした」と報告に行ったら、
「どうしても行きたかったら、もう一回三洋さんに行ってこい!」と言われたんです。

 

それでもう一度訪ねて行ったのですが、不採用の理由を教えてくださったんです。

 

「履歴書が適当に見えた」って言われまして、「そういうところを見ているんだ」と思いました。
当時は何も知りませんでしたね(笑)
でも2回行ったのが功を奏したのか、入社出来る事になって嬉しかったです。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

現場監督時代に、お客様から引っ越しを手伝ってくれない?とご相談を頂いたんです。
引っ越しが終わった後に物凄くお礼を言ってくださったのですが、
頼りにして頂けたことと、お礼を言ってくださった事が本当に嬉しかったですね。

 

打ち合わせや着工中に、お客様がどうしたら喜んでくださるのか、気持ちよく安心して任せて頂けるのか?
そういった事を考えながら仕事をさせてもらっていたので、
これまでのお付き合いの事も含め、お礼を言ってくださったのかもしれませんね。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

過去にお客様から「意思疎通がしっかり出来ていない」というご指摘を頂いたことがあったので、
普段からお客様とは注意深く意思疎通をはかるようにしています。

 

性格的に一度ミスをすると「やってしもた!」と気にするタイプなので、
「次から絶対に同じようなミスは無いようにしよう!」と常日頃気を付けながら仕事をしています。

 

他に大変な事で言うと・・・会社で遅い時間まで仕事しなきゃいけない時ですかね。
でもウチのスタッフは優しい人が多いので、見かねて手伝ってくれるんですよ。本
当にありがたいなぁと思います。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

人の話をよく聴くことです。

 

「話しかけられやすい人」を目指してるんですよ(笑)
親しみが持てて話しかけやすいけど、存在感があって偉大。将来はそんな人間になりたいんですよ。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

自分で設計したマイホームを建てたいです。

 

そのためにも設計の勉強をもっとしないといけないと思っています。
マイホームができたら、色んな方に見てもらって、遊びに来てもらいたいですね、夢は膨らみます(笑)。

 

あとは、顔が広くなりたいです。
木村(公)さんや丸山さんは、近所のスーパーとか行くと知りあいと必ず会うらしいんですよ()
お客様とかパートナーさんとか。そういうのって羨ましいじゃないですか。

 

それだけ色んな人に関われるのは幸せなことだと思うんです。
「人に会った数だけ幸せになれる」という言葉を聴いたことがありますが、
お二人のような人間になれるような経験を積んでいきたいです。

 

 

神﨑 大輔

お客様や社内のスタッフから頼られ、目標にしてもらえるような存在になりたいです

 

【所属・役職】リフォーム部 営業
【名前】神﨑 大輔(かんざき だいすけ)
【ニックネーム】かんちゃん
【誕生日】1990年4月4日
【星座】おひつじ座
【血液型】A型
【出身】有田川町二川
【資格・特技】特技:剣道(初段)資格:登録販売者
【趣味・休日の過ごし方】テニスです。
他には釣りやゲームも大好きです(笑)

 

仕事内容を教えて下さい

 

主には家を建てて頂いたお客様のアフターメンテナンスを担当させて頂いています。
トイレの詰りや、開きにくくなったドアの補修など、
住まいの小さなトラブルをなおす家のお医者さんです。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

三洋に入る前は、ドラッグストアで働いていました。
専門学校を卒業して就職活動を始める時に先生から
「人当たり良いから、接客業が向いてるんちゃう?」と言われたのがキッカケです。

 

その後組織体制が変わり転勤の可能性が出てきてしまい、
親の事も考えて地元に残りたいと思って、退職することにしました。

 

三洋に出会ったのはその後です、派遣の仕事をしていたのですが、
その派遣会社の社長と、ウチの社長(上野山)が知り合いで紹介してもらいました。

 

「もっとバリバリ働きたい」って気持ちが強かったのですが、
未経験なのでやっていけるかは不安でした。
金額が大きい仕事ですからミスも許されないですし。

 

働いてみて思ったのは、どんな小さな工事でも、
丁寧に対応させて頂くとお客様が物凄く喜んでくださるということです。

 

喜んで頂けるのは嬉しいので、
「自分がお客様だったら、どう対応してもらえたら嬉しいのか?」
って常に考えながら仕事しています。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

とあるお客様から「色々直したいから神﨑さん話しを聞きに来てよ」とお声掛け頂いたんです。
結果いつものアフターメンテナンスの様な細かい仕事ではなく、
大掛かりな工事の依頼をいただくことになりました。

 

「神﨑さんにやってほしいんやわ!」って言って頂けて、嬉しかったです。
だからそのお客様の工事は見積もりから監督まで、全部自分でやらせていただきました。

 

「三洋さんに頼むわ」じゃなくて、「神﨑さんに頼むわ」
って言って頂けたのが、本当に嬉しかったです。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

スケジュール管理ですね。
どのお客様も早く対応して差し上げたいのですが、
時にはスケジュールが合わずにすぐに対応できない場合もあります。

 

そういう時は店長や先輩に協力してもらったりして解決するようにしています。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

ゲーマーです、一番好きだと思います。

 

今は「ポケモンGO」にハマっています!
少し前に、世界大会があって、4万人参加しているなかで2位になりました(笑)。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は? 

 

もっとお客様に喜んでもらいたいです。
喜んでもらうために、もっと経験を積みたいですね。

 

この仕事はやりがいがありますし、その分責任も大きく難しい仕事です。
今は下積み修行中の身ですが、いずれは全部の業務を自分で出来る様になって、
将来はお客様や社内のスタッフから頼られる、
皆の目標にしてもらえるような存在になりたいです。

 

 

吉野 美穂

お客様が気軽に相談してくれる受付事務でありたいです

 

【部署・役職】リフォーム部 和歌山店 事務サポート
【名前(ふりがな)】吉野 美穂(よしの みほ)
【ニックネーム】よっしー
【生年月日】1216
【星座】いて座
【血液型】O
【出身】和歌山県岩出市
【資格・特技】ホームヘルパー2級、簿記3級、
福祉住環境コーディネーター3
【趣味・お休みの日の過ごし方】休みの日は、甥っ子と一緒に遊んでいます。

 

仕事内容を教えて下さい

 

受付事務です。

 

具体的には、ご来店されたお客様の対応や、
アフターメンテナンスやリフォームなどのご依頼のお電話を受けて、
依頼内容を監督や営業に伝える仕事をしています。

 

ほかにも月一回発行している、
三洋住宅のサービスレターである「あんしんだより」の記事をまとめたり、
お客様に渡すお家の施工写真集「フォトブック」のレイアウトも担当しています。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

以前は派遣会社で働いていたのですが、退職後に派遣会社の社長から、
「こんな仕事があるんだけど、どうかな?」と紹介してくださったのが三洋住宅でした。

 

以前の職種は工業系事務や、接客販売だったので、全く違う業種の「住宅会社ってどうなんだろう?」という興味を持ちました。

母親がお家の雑誌やテレビ番組が好きで、小さい頃よく見せられていました()
当時、私はそれを抵抗なく見ていたので、もしかしたらその影響もあるのかもしれません。 

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

自分が作った「フォトブック」を、お客様が喜んでくださった時です。

 

それは私が直接お渡しするのではなく、営業からお客様にお渡ししていただくのですが、
「喜んでくれていたよ!」と営業から間接的に言われる時はすごく嬉しいですね。

 

ほかにも「あんしんだより」もお客様から、「人柄が出ているね」とか、
「いつも楽しんで読んでいるよ」などおっしゃってくださると嬉しいです。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

「フォトブック」のレイアウトや、「あんしんだより」を毎月作ることです。

「フォトブック」では、お客様に気に入っていただけるように、
どの位置にどの写真を載せようかというレイアウトが難しいです。

 

それと「あんしんだより」に関しては、記載する内容や文字に間違いがないように、細部まできちんと確認することを心がけています。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことは何ですか?

 

パソコンの操作が早いとよく言われます。

たまに「パソコンが固まるからもう少しゆっくり操作しなさい」と上司に言われます(笑)

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢は?

 

「吉野さんに相談したいことがあって・・・」、と言って頂けるような、
お客様が気軽に相談してくれる受付事務でありたいです。

 

木村 武

後輩やこれから入社する若い世代に、自分の持つノウハウを出来る限り伝えたいです

 

【部署・役職】リフォーム部 和歌山店 工務
【名前】木村 武(きむら たけし)
【ニックネーム】キムタケ
【生年月日】19521027
【星座】さそり座
【血液型】A
【出身】和歌山県和歌山市
【資格・特技】宅地建物取引士、2級建築施工管理技士、2級土木施工管理技士、2級建設業経理事務士
【趣味・お休みの日の過ごし方】孫と遊ぶことです

 

仕事内容を教えて下さい

 

スムーズに工事が行われるようにサポートをするお仕事です。

 

建築の現場の安全や、品質などをチェックする現場管理、
協力業者さんとのスケジュール調整をしたり、
どのように工事を進めていくのかという内容のスケジュールを作って、
各業者さんに渡したりしています。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

前職は不動産会社で働いていました。

転職で新しい仕事を探している時に、知り合いに紹介してもらって、
三洋住宅に入社することになったのですが、
いきなり現場監督を任されて
「えぇ、やったことないのにどうしよう!」ってところから始まりました()

 

仕事をしている内にお客様から、「現場監督に向いてるね!」って言ってくださったことがあったのですが、
その時に初めて「そうだったんだ。自分には今の仕事が向いてるんだな」って思いましたね。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

お客様のアフターメンテナンスで訪問して、提案をさせて頂いた時のことです。

 

お客様から「木村さんとは、まだ信頼関係ができていないから」とハッキリ言われたことがあったんです。
そんな事をハッキリ言われたのは初めてだったので、最初は驚いたし、ショックでした。
だけど、それからそのお客様宅に何度もメンテナンスに行かせていただいて、
徐々にお話してくださるようになったんです。

 

それから「ここ、ちょっとこうしたほうがいいんじゃないですかね?」という私の提案に、
「あ、そうなん? じゃあ、木村さんにだったら任せるわ」とおっしゃっていただけたり、
その後もリフォームの契約をしてくださったりして。
信頼して頂けたんだなと感じた時は、すごく嬉しかったですね。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

家を建てて頂いたお客様のお宅への訪問です。

 

和歌山店は住まいメイトが居ないので、まだまだお伺いできていないお宅があるんです。
だからこそもっと自分の行動範囲を広げて、
積極的にお客様との関わりをもっていきたいと考えています。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことは何ですか?

 

あえて言うとしたら、「雑談力」です。

 

人と話すことが好きですし、お客様と会話する時も打ち解けられるように雑談も交えてお話すると、
やっぱり盛り上がるんですよ。

 

逆に改まってお話することは苦手・・・。
なんか変に構えちゃって、急に口下手になっちゃうんですよね()

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢とは?

 

私はもう64歳なので、今後の夢とかってあまり考えたことがないのですが、
会社の後輩たちやこれから入社してくる人達に、自分の持っているノウハウを出来る限り伝えたいです。

 

このお仕事は、お客様との信頼関係が大事だと思っているので、
お客様との信頼関係の築き方を少しでも伝えて、
信頼関係がつくれたらお仕事も上手くいきやすく、喜んでもらえるということを知ってもらいたいですね。

 

山﨑 春菜

もっと気遣い・気配りができる人間に成長していきたいです

 

【部署・役職】総務部
【名前(ふりがな)】山﨑 春菜(やまさき はるな)
【ニックネーム】はんな、はるちゃん
【生年月日】726
【星座】しし座
【血液型】AB
【出身】和歌山県有田市
【資格・特技】普通自動車免許、インテリア設計士、カラーコーディネーター3級、建築CAD検定3級、秘書検定2
【趣味・お休みの日の過ごし方】お買い物や、友人とランチに行きます。

 

仕事内容を教えて下さい

 

主には会社の申請書類の管理や、社会保険に関する手続き、社員に関わる色々な手続きを行っています。
ほかにも備品の注文や管理まで、会社内でのサポート全般のお仕事です。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

三洋住宅にはコーディネーターとして、新卒で入社しました。
他にもいろいろな住宅会社はありましたが、地元に密着していることや、
会社の歴史が長いことから、「信頼されている会社なんだな」という印象を受けて、
入社を決意しました。

 

高校時代から建築に興味を持っていて、建築の短大にも通っていたので
「就職先は、建築関連の会社がいいなぁ」とずっと思っていました。

 

というのも、私の家ってすごく大きいお家でもなかったし、
自分好みの部屋でもなかったんですよ()

 

だから「自分だったらこんなお家にしたいなぁ」ってよく考えていたんです。
それが建築に興味を持つキッカケになったんだと思います。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

私は主に社内でお仕事をしているので、
営業の人達と違ってお客様と直接触れ合うことが少ないです。
ですから、直接お客様からありがとうと言われることもなく、
社員さん相手にお仕事をしていることが多いです。

 

だから、社員さんがお仕事しやすいように自分がやったことに対して、
「ありがとう」と言われた時は、やっぱり嬉しいですね。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

個人情報を扱う仕事が多いので、データの扱いには特に気をつけています。

 

戸締りはもちろん当たり前ですし、個人情報を取り扱っている最中に席を立つ時は、
絶対にそのままにするんじゃなくて一旦データを閉じたり、
資料も片づけたりと、些細なことですがきっちりするようにしています。

 

それと私自身が心配性なので、社内の資料やどこかの機関に提出する書類などは
期限とか誤字、脱字がないか必ず確認するようにしています。

  

社内で「これをやらせたら右に出るものはない」ことは何ですか?

 

笑い上戸です。
笑いの沸点が低く仕事やプライベートにかかわらず、
何か面白いことがあるとずっと笑ってますね()

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢は?

 

お仕事を通じては、編集に携わっている情報誌の「あんしんだより」を日々新しいものにしたいです。
そのことがキッカケになるのかわかりませんが、お客様に「あ、ここでお家を建てたいな」と思っていただいたり、
もっと三洋住宅を知ってもらえるキッカケをつくれたらいいなって思っています。

 

あと、私自身としては、もっと気の利いた人間になりたいです。
総務のお仕事は社員さんのサポートなので、
「これやって」と頼まれても、「それはもう終わっています!」と言える人間になっていきたいです。

 

そして、ただ言われたことをやるのではなくて、「これもやっておきました!」という感じで、
プラスアルファで人に喜んでもらえる気遣い・気配りができる人間に成長していきたいですね。

 

次回イベント開催までしばらくお待ちください

 

ただいま予定しているイベントはございません。

次回開催まで、しばらくお待ちください。

続きを読む

中岡 美香

会社や社員の皆がお客様から褒められると、この仕事やっててよかったと思えるんですよ

 

【部署・役職】リフォーム部 営業サポート
【名前】中岡 美香(なかおか みか)
【ニックネーム】なかちゃん
【生年月日】1014
【星座】天秤座
【血液型】A
【出身】和歌山県海草郡紀美野町
【資格・特技】ホームヘルパー2
【趣味・お休みの日の過ごし方】料理、マンガ、犬とお散歩です。

 

仕事内容を教えて下さい

 

主に社内のサポートするお仕事をしています。

会社にかかってきた電話の応対をして、営業さんに伝えたり、
お客様からのお仕事の依頼のリストを作って、きちんと解決できたのかチェックをしています。
 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

実は私の親戚が三洋住宅で働いていまして、その親戚から「(当時三洋住宅の専務だった)上野山がリフォーム専門の会社を設立するので事務員を募集しているから受けてみない?」と連絡をくれたので応募してみたんです。面接のときに上野山から家を建てて頂いたお客様宅を訪問する「住まいメイト」の仕組みについて内容を聞かせてもらいました。「お家を建てておしまい」では無く、「建てさせて頂いた後でも末永くお客様と関わっていく」。それに向き合う上野山に共感しこの会社で働きたいと思いました。

入社当時は結構苦労しましたね。ワード・エクセルも扱ったことが無かったので、専門書を買ってほぼ独学で習得しました。
それに伴いHMSというソフトの操作も覚えなくてはならなかったので、ソフトのホットラインに電話しまくった記憶があります(笑)
でも今思えば経験が無いからこそ新しい事への興味や楽しさを持ちながら、建築に関する知識をどんどん吸収できたんだと思います。

 私も三洋でリフォーム工事をしたことがあるので、その経験もお客様の気持ちを知るいい機会になりました。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

私は仕事上、イベントや住宅見学会ぐらいでしかお客様と接する機会がないんです。
なのでお客様とお話させていただいた時に、「家を建ててよかった」「リフォームをやってよかった」
「担当してくれた営業さんがとてもよかった」と言ってもらった時は、
あぁ、この仕事をやっていてよかったなと思いますね。

あとは、「何かあったら、三洋住宅さんに頼みますね」とお声掛けいただいたり、
電話で「これはどうしたらいいの?」というお客様からの相談を受けると、
「三洋住宅の私達に相談してくれている」、
「先に三洋住宅に聞かなくちゃいけない」と思っていただけることが、とても嬉しいです。

自分のことじゃなくても、会社や社員の皆がお客様から褒められる、
頼りにされていると感じると、「やっててよかった」と思えるんですよね。

でも少なからず私を知ってくださるお客様もいらっしゃるんです。
電話を取ったら、「あら、中岡さん久しぶり!」と気さくに話しかけてくださるんです。

ほかにも住まいメイト(弊社スタッフ)がお客様宅を訪問した時に、
「三洋住宅さんの事務員さんは、電話するといつも明るく対応してくれますよね」って、
間接的に褒めてくださったことがあったんです。
それを聞いて、「あぁ、もっと頑張らなくちゃ!」と思いました。

 

 今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

大変ではないですが、一番気をつけていることがあります。

お客様からの相談事が、解決されているのかをきちんと確認することです。
特に水漏れとか雨漏りとかは相談してくださったお客様もすごく困っていらっしゃると思います。
私自身もすごく気になってしまうんです。
ただ他の社員さんに引き継ぐだけでなく、
「あれ、やってくれた?」と必ず確認をするようにしています。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことは何ですか?

 

料理です。
好きですし、材料をポンって渡されて「これで何か作って!」と言われたら、
その材料だけで何かしら作ってるかな(味は置いといて 笑)。

三洋住宅に入社した当初は、社員さんの人数も少なかったので、
毎日お味噌汁を作ったり、お客様からいただいた野菜やお魚などを使って料理したこともありましたね。

今は人数も多くなったので社内で料理することはほとんどなくなりましたが、
調味料はきちんと揃っているんですよ()

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢とは?

 

モノづくりにはすごく興味があるので、ポストや椅子とか、何か凝った物をつくってみたいですね。
私は「モノが出来上がる過程」を見ているのがすごく面白いと思うし、好きなんです。
だから社員旅行には毎回、「工場見学は入れてね」って言っているくらいです()

ほかには、営業の社員さんみたいにちょっとしたお家の修理は、自分でできるようになりたいですし、
自分でも「やりたいな、覚えたいな」と思っています。
以前に壁のクロス張りを教えてもらったし、カーテンレールの取付けもできるようになったんですよ。
「自分でやる」ことが好きなので、今後も積極的に覚えていきたいですね。

 

BACK TO TOP