和歌山市立図書館

今年の夏休みは遠くへ行けないので近場の涼しいところに行きました。
この夏、新装になった和歌山市立図書館です。
南海和歌山市駅のビルに移転しキーノという商業スペースと隣接しているので賑わいのある場所になっています。

 

1階は蔦屋書店とスターバックスの店舗、2階〜4階が図書館となっています。
図書館にも1階のスタバで買った飲み物を飲みながら、くつろいで本を楽しめます。
タイトルを眺めながら気になるテーマの本を引っ張り出してはパラパラとつまみ読みするのは本好きにとって至福の時間と言えます。インターネットでなんでも気軽に調べられる時代ですがリアルな紙の本の魅力もまた捨て難いものです。

自習室もしっかりスペースがあり、試験勉強している学生や調べ物をしている大人たちで賑わっています。

うらやましいのは4階の子供の本のコーナーです。絵本の海で子供と遊べるスペースで、こんなところで育った子供は大きくなっても本に親しむ習慣を身につけてくれると思います。

今までの堅苦しいイメージの図書館と比べるとかなり自由に本と親しめる場所になっています。市民の財産である本や資料を市民に開放して街の賑わいを創り出そうという試みはとても良いことだと思います。

ーORINAS通信 2020年10月号よりー

変化が早くなる!?

今月も新型コロナの話で恐縮です。
歴史的にも疫病が流行ると人々の価値観が変わると言われています。
アフターコロナはどのような世界になっているのかと色々な方々が評論しています。
そのような中でわりと納得した話がありました。

それはコロナの流行が今まで起こってきた世の中の変化を早めるというものでした。コロナがなくても技術の発展とともに世の中はすごいスピード変わっています。
とは言え日本のように伝統がある社会では変化しにくい側面もありました。
それが、コロナ対策という大義名分があればあっさり変化を受け入れています。
「新型コロナ感染流行防止のために」会議がTV電話になったり、お葬式が簡素になったり、会社や学校がリモートになったり、等々です。

さて振り返って我が住宅産業を見てみると、今まで起こっている変化とは、新築住宅の減少、リフォームの増加、中古住宅の利用の増加、自然災害リスクへの対応、省エネ・環境配慮、耐震性能向上等があります。これらの変化に今までなら20年かかっていたとすれば、これからは3年くらいになると言ったイメージでしょうか。3年は極端にしても常識が変わるというのはそういうことかなと思います。
会社も環境の変化に合わせてこそ生き残ってゆけます。私たちもお客様のニーズの変化に柔軟に対応していきたいと思います。

ーORINAS通信 2020年10月号よりー

家籠りもまた良し

今年は新型コロナウィルスの感染拡大防止で夏休み工作教室を中止することになりました。
三洋メンテリフォーム時代から15年続けてきましたので誠に残念です。
代わりに手軽にできる工作のアイデアを動画にし、限定公開にしました。親子でチャレンジしていただければ幸いです。
コロナが収まればリアル工作教室も再開したいと思いますのでお楽しみにして下さい。

 

コロナでステイホームが言われ出した頃は、家に籠ることでストレスが溜まると言われました。しかし、最近では家にいることは悪いことばかりでないよという話を聞くようになりました。それは「我が家」を見直して快適な空間にしようという動きです。人間はあることが出来ないとなると今の条件で出来る楽しみを見つけて習慣にしてしまう能力があるようです。

北欧でインテリアデザインが発展したのは長い冬篭りの期間を楽しく過ごすためと言われています。部屋の中を見回せば、いつかやろうと思っていて手がつけれていなかったことがあるはずです。普段見慣れたカーテンを掛け替えたり、クッションカバーの色を変えたりと少しの工夫でも部屋のイメージがガラリと変わります。

幸い日本には四季折々に応じてしつらえを変えて季節感を楽しむ伝統があります。しばらくはウィズコロナで旅行など行きにくい状況が続きます。この機会に「我が家」をただ過ごす場所ではなく生活を楽しむ舞台として見直していただければ日々の暮らしももっと豊かに感じられると思います。

ーORINAS通信 9月号よりー

不安解消法


ステイホームで家で過ごす時間が長くなりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は子供達が小さかった頃に撮ったビデオのダビングをしています。
ビデオテープが劣化する前にブルーレイディスクに移す作業です。いつかはやらなければと思っていましたがコロナの騒ぎでやっと実行できてスッキリしました。

 

 

新型コロナウィルスの感染拡大は少しは収まったとはいえ、完全な収束はまだ先です。そんな中、健康や仕事、教育など不安に捉われることがあると思います。
今月は私の不安解消法を紹介します。
それは一言でいうと「深呼吸」です。昔からのヨガや座禅はその典型だと思います。
私がやっているのはいろいろ取り混ぜて我流です。
まず、①椅子でも、胡座をかいてでもいいので腰を立てて座ります(立(りつ)腰(よう)と言いますが下腹を前に突き出して背筋をピンと立てる感じ)。
②背筋は伸ばしたまま、上半身はリラックスして力を抜きます。
③手はおヘソの下で座禅の様に組みます。
④頭は真っ直ぐ頭上から紐で引っ張られている感じ。
⑤目は閉じます。
⑥これでゆっくり息を吐きます(口は閉じて鼻で)。吐いて吐いて吐ききったら鼻からスーと空気を吸います。この時大事なのは胸ではなく下腹(丹田(たんでん))に空気を送り込むイメージです。息を吐ききった体に新鮮な空気が染みわたる気がします。
10分から20分やると結構落ち着きます。時間のない時は5分でも十分です。
勝手なやり方なので本格的に座禅などをされる方からはお叱りを受けそうですが、私はこの呼吸法でストレスで固くなった心身が柔らかくなります。

感染症の流行にも必ず終わりがあります。
あまり先のことを取り越し苦労せず目の前の事に全力で取り組めば道は開けます。

-ORINAS通信 2020年7月号よりー

上野山のトイレ美術館

自宅のトイレに貼っている40年分の絵葉書コレクション

このミニ鉄道に乗って手を振っているのはウォルト・ディズニーです。
大の鉄道好きだったディズニーは自宅の庭にこの線路を作ってしまったのです。
人々に夢をあたえ、自分の夢も実現した男の晴れ晴れとした笑顔です。

変わる意識・変わる行動

 

長らく親しんでいただいた本紙
「あんしんだより」の名称も
ブランド名の変更によって
ORINAS通信」と変わりました。
変わらずご愛読いただければ幸いです。

 

 


新型コロナウィルスの感染拡大で4月16日に全国で非常事態宣言が出されました。
今のような非常時には平時とは別の価値観が生まれます。
人と人が会うというのは普段はお互いを知るための大切なプロセスですが今は会わないようにすることが重要です。
皆で全く逆の方向に知恵を絞っています。

そんな一つがTV電話です。
仕事上の打合せにネットでのTV電話を利用することが多くなりました。
感染予防対策で来社できない取引先様より依頼があって使い始めました。
しかし、これが案外使えます。
相手の表情が見えるので安心ですし、3人以上のグループでも会議ができます(在宅勤務を命じられて自宅から参加の方も)。
また、表やグラフ等の資料も共有できます。
お互い移動に時間をかける必要もありません。

コミュニケーションは直接会うか電話かメールと考えていましたがTV電話が加わって選択肢が増えました。
気に入ったお酒やつまみを各自用意してTV電話をつないで「オンライン飲み会」というのもあるそうで、結構盛り上がると聞いています。

コロナ禍の中、いろいろな制約を受けて生活や仕事の価値観も変わってゆくものだと感じます。
先の見通せないトンネルの中ですが世の中の変化に柔軟に対応してゆきたいと考えています。

-ORINAS通信2020年6月号より-

三洋住宅は変わります「ORINAS」

新型コロナウィルスはこの1ヶ月の間にも世界中に広がり未だ出口が見えていません。
予期しない事態に私達の生活も翻弄されています。
一刻も早く収束してくれる事を願います。(3月23日現在)

そのような中ですがこの春より私達は
「ORINAS(オリナス)」を新たなブランド名として立ち上げました。
法人としての「三洋住宅」という社名は残しますが、
お客様には「オリナス」と呼んでいただければと思います。

 

 

 

 

 

今回、ブランド名を新設した理由について少しお話ししたいと思います。
ほぼ50年前、父達がこの会社を創業した頃は宅地の分譲が主な仕事でした。
そこから建売住宅、注文住宅と建築の方に事業の幅を広げてきました。
今から見ても時代の流れに沿って変化したおかげで発展してこれたと思います。

しかし、現在の事業は住まいがメインではありますが新築・リフォーム・土地、中古住宅仲介と多面的な仕事に変わってきています。
そしてこれからは人口減少という環境変化の中で地域のお客様の資産を守るという使命を果たして行きたいと考えています。
そこで「住宅」という言葉で自分たちに枠をはめるのではなく、まず名前を変えることで意識を変えたいと思いました。

「ORINAS」、最初はちょっと慣れないと思いますが、「三洋住宅」同様に愛称として親しんで頂ければ幸いです。

ーあんしんだより2020年5月号よりー

上野山のトイレ美術館

自宅のトイレに貼っている40年分の絵葉書コレクションをご紹介します。

「DEVIK WIENER,LOS ANGELES,1959」
ずいぶん前に東京都写真美術館で買った絵はがきです。
ちょっとトリッキーな作品で、写真の坊や達は皆同一人物です。
調べてみると写真家リー・ウィーナーが自身が息子さんを撮ったものでした。
坊やの表情がいいですね。私と同年代なので、今では結構いいおじさんになっているはずです。

捨てる

年が改まってあっという間に1ヶ月が経ちました。
最近特に時間の経過を早く感じてしまいます。

1月下旬に、住まい方アドバイザーの近藤典子さんの講演がありました。
片付かない家をスッキリさせてきた多くの経験からくるお話に皆さん「あるある」と納得しながら聞き入っていました。
片付けの初めは整理(いるものと要らないものに分けて要らないものを捨てる)というのは私たちがいつもやっている環境整備と同じです。
要らないものを捨てて必要なものだけを残すと楽に片付けられます。
ただ、要らないもとは何かがわからないだけです。

近藤さんによると「いつか、もしかしたら、たぶん、使うかもしれない」ものはほとんど要らないものだそうです。
私も昨年末に「いつか、もしかしたら、たぶん、読むかもしれない」本を大量に処分しました。本棚にゆとりができて気分もスッキリしました。
もっと喪失感を感じるかと思いましたが無い本のことはいつの間にか忘れてしまいます。

「いつか、もしかしたら、たぶん、着るかもしれない服・使うかもしれない便利グッズ・聴くかもしれないCD・使うかもしれないアプリ・・・。私たちは諸々のものたちに囲まれて心のバランスを保っていますが、無くてもいいものは無い方が身軽になれるのだろうと感じました。

 近藤さんのお話を機に少しは周りのものを見直してみようと考えています。
ただし、絵ハガキコレクションは別です。

2020年新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
旧年中のご愛顧に心より感謝申し上げます。

今年はいよいよ2度目の東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
開催が決まった時はまだまだ先だと思っていましたが、もうあと半年あまりです。
前回の東京オリンピックは私自身幼かったのであまり覚えていませんが、大人になってオリンピックの自国開催に立ち会える事をとても嬉しく感じています。

前回のオリンピックでも国の様子が大きく変わったように、今度もオリンピックをきっかけに大きな変化があると思います。
以前のような成長の勢いこそありませんが、平和で暮らしやすい国として世界中から羨ましがられる日本になって欲しいと思います。
普段の生活で心の豊かさを実感できる社会でありたいと願っています。
そのために地域密着の私たちだからこそお手伝いできることがあります。

今年もスタッフ一同、力を合わせてまいります。
どうか宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

ーあんしんだより2020.新春号よりー