和歌山県再発見


来年2月に予定していました恒例の芋煮会ですが、新型コロナが拡大している状況を考え、中止を決定しました。屋外のイベントですので基本的にリスクは低いと思いますが、社内で何度も議論した結果、万一の事を考えると中止せざるを得ないと判断しました。

 

 

そんな中、県内再発見的な話題を紹介します。
先日ドライブで潮岬に行った時、南紀熊野ジオパークセンターの前を通りかかりました。事前情報も持たず、さほど期待もせずただ「入館料無料」にひかれてこの施設に入りました。
ところが中に入ってみると期待を裏切るほど(笑)の充実の展示に驚かされました。
南紀には橋杭岩などの奇岩と言える景観がごろごろあります。その秘密である古代の地殻変動を映像や模型を使ってわかりやすく展示しています。
地学にはそれほど興味のなかった私ですがダイナミックに変遷した地形の歴史に好奇心をそそられてつい長居をしてしまいました。

コロナ禍で外に目を向けるのは難しい環境ですが、その分かえって身近なところに新しいことを見つけられるのも楽しいことです。

ーORINAS通信 2021年1月号よりー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA