和歌山市立図書館

今年の夏休みは遠くへ行けないので近場の涼しいところに行きました。
この夏、新装になった和歌山市立図書館です。
南海和歌山市駅のビルに移転しキーノという商業スペースと隣接しているので賑わいのある場所になっています。

 

1階は蔦屋書店とスターバックスの店舗、2階〜4階が図書館となっています。
図書館にも1階のスタバで買った飲み物を飲みながら、くつろいで本を楽しめます。
タイトルを眺めながら気になるテーマの本を引っ張り出してはパラパラとつまみ読みするのは本好きにとって至福の時間と言えます。インターネットでなんでも気軽に調べられる時代ですがリアルな紙の本の魅力もまた捨て難いものです。

自習室もしっかりスペースがあり、試験勉強している学生や調べ物をしている大人たちで賑わっています。

うらやましいのは4階の子供の本のコーナーです。絵本の海で子供と遊べるスペースで、こんなところで育った子供は大きくなっても本に親しむ習慣を身につけてくれると思います。

今までの堅苦しいイメージの図書館と比べるとかなり自由に本と親しめる場所になっています。市民の財産である本や資料を市民に開放して街の賑わいを創り出そうという試みはとても良いことだと思います。

ーORINAS通信 2020年10月号よりー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA