美術館の楽しみ

今年も残りわずかとなりました。
「もう一年経つんや、早いなあ」というのは大人同士の会話の定番です。
なぜか年を取れば時間を早く感じるというのは皆さん共通のようです。

さて、私の楽しみの一つに美術館めぐりがあります。
最近の美術館は芸術品を展示するというだけにとどまらず、公園のような憩いの場やカフェを併設して地域の人々が集まれる場を提供してくれています。
ロビーやカフェは無料エリアにあることが多く、旅先でも美術館があれば休憩でボーと時間を過ごすにはもってこいです。
あと、ミュージアムショップで絵葉書や文房具などのオリジナルグッズを見るのも楽しみの一つです。

カフェがいいのは、東京の品川駅から15分ほど歩いたところにある原美術館です。
個人が経営する現代アートの美術館です。
現オーナーの祖父が1938年に自邸として建てた建物にテラスを増築してカフェを作っています。天気の良い日に中庭を眺めながらワインでも飲めたら都会の喧騒を忘れて至福の時間が過ごせます。
残念ながら原美術館は建物の老朽化等の理由により来年12月に閉館予定です。
(ここのカフェを利用するには美術館の入館料がかかります)

原美術館の「カフェ ダール」

 

 

 

 

 

 

 

地元の和歌山県立美術館もミュージアムショップは頑張っていて、絵葉書・アクセサリー・文房具等々結構楽しめます。
特に和歌山ゆかりの作家の作品の絵葉書は他では手に入らないので貴重です。
ロビーは和歌山城を望んで景色が良いわりには人が少なく無料で過ごせる穴場です。

和歌山県立美術館のミュージアムショップ

 

 

 

 

 

 

 

ーあんしんだより2020.1月号よりー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA