住まいのセミオーダー

今回はセミオーダーの注文住宅についてお話ししたいと思います。
普通、注文住宅というと間取りから仕上げ材までお客様のお好みに合わせて建てるというイメージです。
しかし、このやり方は初めて家を建てるお客様にとって負担の重いものです。

例えばスーツを仕立てるとき、エリの幅は?上着の長さは?等々と聞かれて仕立てても全体のバランスはおかしくなります。
これに対して大まかな基本パターンが決まっていて、あとは生地を選び体型に合わせて仕立てるセミオーダーの方がバランスよく収まります。
家造りも同様です。構造の安定やデザインを考慮した建物外観を標準とし、部屋の間仕切りはお客様がオーダーできるようにするという考え方です。
最近は弊社でもこのタイプをお勧めすることが多くなりました。

結果、無理のない構造で考えられているため、経済的に耐震性の高い建物を実現できるようになりました。
又、デザイン面でも窓の大きさや高さが揃うので統一感がでて収まりのよいスタイルになります。

このセミオーダースタイルは元々ハウスメーカーが大量生産する為に取っていたやり方です。
その真似となると悔しい思いもありますが、お客様がリーズナブルに良い家を手に入れることができるという意味で、私達も取り入れました。
もちろん、自然素材をふんだんに使ったフルオーダーの家造りにも対応しますのでご安心下さい。

ーあんしんだより2019年12月号よりー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA